Category1戦略

 
利益向上を狙うなら、
 
独自で一番の[世界観]を創り上げる事!
 

Category1戦略とは何か?

​顧客の「世界観」の中で一番に成る!

自社の事業・商品群を活かし、独自の世界観(カテゴリー)で創り、

その価値を提案し、市場・顧客の唯一の存在に成る。

独自の『世界観』で一番になる事

それがCategory1 です。

​それが今、経営に取り入れるべき戦略なのです。

成長のイメージアイコン素材.jpeg

カテゴリーワン戦略の目的の第一は、無益な価格競争からの脱却です。

供給過剰市場の現在では製品(商品)のみでの競争は必ず価格競争と成り、収益を圧迫します。

商品の多少の機能・品質の違いは「差別化」の要素には成らず、結果的に価格競争になってしまいます。

しかも残念な事に、その状況を改善しようとして、また製品(商品)改良を進めてしまいますが、

他社との「差別化」に繋がるほどの改善になる事は、殆どありません。

​これがいわゆる「レッドオーシャン」・・・血の海の状態です。

少し考えて下さい。

顧客(顧客)は、何にお金を払うのでしょうか?

​それは製品(商品)を通じて得られる「価値」への対価として支払われるのです。

先の価格競争は「価値」の差が無い・「価値」を認められないから、価格で判断する訳です。

ここで、次の様な質問が出るでしょう!

「だったら、良いモノなら高くても売れるのではないか!」・・・その通りですね。。。

では、いいモノとは何でしょうか?

機能ですか?品質ですか?見た目?デザイン?パッケージ??

結局、これまでの商品改良の域を出ないのでは?良いモノの定義が違うのです。

これが製品(商品)・・・モノの競争です。

顧客はモノから得られる「価値」を買う。

​価値は顧客の所でしか生まれない。

これが本来のビジネスの真理です。

顧客の所で生まれるモノを通じて得られる「価値」とは?

それは顧客の「状態」です。

顧客の「経験」と云ってもいいでしょう。

顧客がモノから創り出す「価値ある世界観」・・・カテゴリーワンなのです。

自社独自のノウハウや技術等を軸に、モノを超えた顧客にとって独自の「価値ある世界観」をつくり、

それを提案し、その世界観で一番に成る、それカテゴリーワンなのです。

競争から脱し、収益性を高め、顧客の支持を得る。

ブルーオーシャンを目指す戦略です。

“モノ”の提供では無く、モノから生れる“世界観”の提供へ

独自のカテゴリー・・・世界観

​​これまでに無いニーズ・市場・顧客を創造する

モノから生れる

“世界観”

design_img_f_1415088_s.png

Category1 戦略・・・7つのメリット

中小・中堅企業の為のNo.1戦略
​その知識と技術のメリット