運用ルール・・・サンプル

「営業開花」導入にあたっては、営業の方々は様々な反応をされると思います。特にベテラン営業スタッフの方は「抵抗」を示されるかもしれません。人は誰しも管理されるのは嫌なものです。


また、ここに示すルールサンプルは、一つの目安です。これを参考に独自のルール設定もご検討頂ければ良いかと思います。

ただ、一つだけ前提としてお願いしたいのは、この「営業開花」導入の際は、それまでの「日報」「週報」は廃止願いたいのです。

「営業開花」でも日常活動の行動記録、顧客単位、案件単位で記録が可能です。記録は重要な情報ストックになります。また記録はシステム使用者に共有され、意見を書き込む機能もあります。

「日報」「週報」も書かなければ成らないのは2度手間になって非効率です。


●「営業開花」ルール・サンプル

1,目標設定

会社が定めた期間に添って、その目標を入力する事。

部門目標は、その部門長が成員の目標を取りまとめ入力を行う。

目標の内容は

・期間、定量目標=売上・利益(※利益の定義は設定して下さい)

・目標達成の為の行動方針

・目標達成の為の重点事項

  ・スケジュール概要・・・〇月〇〇を実行 等

個々の目標に対してレビュー(評価)を部門長が行う事※部門目標欄に記載。


2,顧客管理

顧客情報は余すことなく記載する事

顧客セグメント(種別・対応方針・業種業態)情報は、その基準に添って客観的に設定する事。

※基準はガイドを参考に各社で設定してください。


担当者・部門長は顧客に対する目標を明確にして記載する事。


必要に応じ、情報内容に変化が出たら速やかに修正記載する事。


3,案件管理

・プロジェクトの起案は〇〇の承認の元で行う事。

・プロジェクト内容は出来る限り詳しく、記載し目標も明確にする事。

・目標期間を確実に設定する事。

・個別顧客への展開が見込めた時は、タスク登録を行う事。


・タスク記録はポイントを整理して、進捗状況を記載する事

・プロセスの進捗は基準に添って行う事。

※基準はガイドを参考に各社で設定してください。

・上長はタスクのプロセスの進捗状況を把握する事


4,行動記録

行動記録は、日々毎日記載する事。

行動に関する事は、すべてを出来る限りポイントだけを記載して解りやすくする事。


5,メッセージ機能

営業スタッフ間のやり取りは、出来る限りメッセージを使用の事



あくまで基本だけを記載しています。

各社の「営業開花」の活用にあたり独自なルールを設定して下さい。