Marketing Produce

Work menu

マーケティングとはモノ(商品やサービス)が「売れる」状態になる為の仕組みと仕掛け。

いわゆる戦略と戦術です。

プロデュースとは直訳すれば「生産・製造」ですが、

マーケティング・プロデュースとは、その「売れる」状態をつくる事です。

解決出来る課題。

つくる成果。

   なにわ創信舎のサービステーマは価値創造=収益創造です。

   業務改善、新規事業・業態開発、カテゴリーワン戦略導入のすべてにおいて、

​   収益性効果を基本に置いた仕組みつくりを行います。

●課題  

     ・販売不振、収益性低下傾向​、価格競争激化、環境変化への対応

     ・これまでの販売手法が通用しなくなって来ている。

     ・新しい収益要素の不在

     ・デジタルを組みいれた経営の遅れ

​     ・経営企画・経営管理機能      等

         ・・・現状の不安・未来への見通しが不明確な事の課題を解決します。

●成果

     ・貴社の「売れる」仕組みと仕掛けの構築

​     ・営業改善 営業のシステム化

​     ・新規事業・業態開発

     ・収益を軸とした、強いビジネスモデルの構築

     ・独自のカテゴリーの構築と、その一番の達成

     ・マーケティング力のある企業へのシフト     等

        ・・・収益改善への手段の獲得

ミーティング・サービス

meeting service

新規プロジェクト、カテゴリーワンが貴社にどの程度適合可能か?どの様な考え方になるか・

まずはご相談頂くのが一番かと思います。

1社1回に限り、初回ご相談料は無料です。1回1.5時間

2回目以降からは、2時間20,000円(税別)を徴収させて頂きます。

但し、下記のコンサルティングやアドバイザーサービスに移行される場合は、ミーティング費用は差引かせて頂きます。

​お申込み・お問い合わせはフォームからお願い致します。

初回限定無料ミーティングサービス

まずは一度、話をしてみる…

1社1回限定・・・1時間30分

無料ミーティング・サービス

アドバイザリー・サービス

advisory service

 日々のアドバイスに対応いたします。また当社の資料をベースに経営者が自ら計画・推進を進める意志の方には、このアドバイザリー

サービスをご利用下さい。その促進を補佐致します、

またコンサルティング方式サービス終了後のフォローサービスとしてご利用ください。

 ■サービス内容

    原則、月1回のミーティング(2時間程度)、電話・メールでのやり取りが基本です。

 ■基本条件

    ・料金 月額7万円~(税別)

コンサルティング・サービス

consulting service

新規プロジェクト推進、カテゴリーワンプログラムの全行程をプロジェクト型で進めるケースで、

そのコンサルティングサービスを提供させて頂きます。

 

 基本6ヶ月契約。原則ミーティングと各種資料の提出や、メール等のやり取りで業務を行います。

   ◆コンサルティングフィー・・・業務内容にもよりますが基本月額30万円~(税別)です。

                  ※ケースによって着手金を頂く場合があります。

   ◆事前に、業務計画書の提出致します。

         ◆業務契約書を締結して頂きます。

 

 業務の内容如何に寄りますが、別途予算化を行った方式を採らせて頂く場合があります。

 具体的には。期間設定を別途行う様なプロジェクトや、プロモーションキャンペーンの実施等の製作業務です。

 費用等の諸条件は、個別に協議をさせて頂き「業務計画書」を提出し、」ご判断頂きます。」

・・・コンサルティングサービス業務提供までの流れ・・・

     ①まずはご相談下さい。「カテゴリーワン」プログラムも含めマーケティングに関する事は相談頂く事から始まります。

     ②サービスを検討される場合は業務内容や条件も含めた「業務計画書」を提示させて頂きます。

     ③「業務計画書」をご検討下さい・・・「業務計画書」には費用は掛かりません。

     ④サービスを導入され事になりましたら契約書を締結頂きます。

     ⑤事務手続き終了後、業務を開始させて頂きます。

初回限定無料ミーティングサービス

まずは一度、話をしてみる…

1社1回限定・・・1時間30分

無料ミーティング・サービス

Copyright © 2019 naniwa-s.com All Rights Reserved.

​カテゴリーワン戦略研究会

小さくても新しいカテゴリー(世界観)の中で
1番を目指す。小さくても強い企業体を目指す。そして、そこから成長する。
それには、様々知識とスキルの活用や他社との連携が必要です。

カテゴリーワン研究会は、その実現推進を行います。